カードローン在籍確認なしでアルバイトでも借りれるのか?

カードローン在籍確認なしでアルバイトでも借りれるのか?

 
プロミスでお金を借りたいけど、バイト先に在籍確認なしで借りれる方法はないのか?

お悩みの方が多いようです。

やはり本来であればプロミスでキャッシングやカードローンの契約をしようとする際、躊躇する理由としてバイト先などの職場へ在籍確認の電話があります。

基本的には、プロミスなどの消費者金融の担当者が個人名で電話をしてくるので、バレることは少ないのですが気持ちのいいものではありません。プロミス側もそのような事情を承知していますから、可能な限り在籍確認の電話を省略するようにしています。

プロミスを始めとして一部の消費者金融では最初から在籍確認の電話を省略するリクエストができるようになっていることもあります。

ただし、実際に省略するか否かは、カードローンの審査をするプロミスなどの消費者金融側にかかっています。そのため、在籍確認を省略してほしいとリクエストをしても、アルバイトの人のように信用度が低い人は不安があるでしょう。

 

ただし、アルバイトの人だから必ず在籍確認がされるということはありません。アルバイトの人であっても、職場の在籍期間が長い人もいますし、今までのクレジットカードなどの利用事績が良好であれば信用度は上がります。

 

信用情報機関のデータを確認し、いくつものクレジットカードやカードローンの申込をしていれば、その際に登録された勤務先も分かります。そこから勤続年数は大体推測が付きます。延滞の有無も信用情報機関のデータからわかります。

 

要するにアルバイトの人であっても、信用があれば在籍確認を省略してくれるのです。逆に正社員の方であっても、転職を繰り返していたり、新入社員の人であったり、さらには過去に遅延を起こしていた事が信用情報機関に履歴として残っていたりした場合は、在籍確認の電話をしなければ危ないと判断される可能性があるのです。

 

一般的にアルバイトやパートの方は信用度がどちらかというと低いと言われています。収入の確実性が低いことはやむをえませんが、それだけで在籍確認の要否を決めているわけでもないのです。勤続年数がそれほど短くなかったり、過去の遅延の情報が無かったり。大切なのは日頃の行いではないでしょうか。