即日融資をする際に借入審査に必要とされる時間は?

即日融資をする際に借入審査に必要とされる時間は?

 

消費者金融会社や銀行などの金融機関から融資を受ける際に避けて通れないのが、初めに行われる審査です。

 

これは、融資を受ける会社に関わらず行われます。とは言え、審査を通過できる条件や、審査にかかる時間などの細かな点は金融機関でそれぞれ異なります。

 

なので、A社には通過したのに、B社では審査に落ちたということもよくあるのです。

 

また、同じ会社内でも、取り扱っている商品によって審査内容が変わっています。

 

B商品では年収が300万円以上で融資できるが、C商品だと1000万円以上の年収がなければ融資できないということですね。

 

会社だけでなく商品によっても、融資できるできないが変わりますので、審査条件を事前に知っておくことで、ご自身の条件に合った商品を選ぶことが審査に通過しやすくなるポイントですね。

 

審査にかかる時間や日数によって審査条件が変わることはありませんが、緊急の出費で即日融資を希望される方の場合、申し込みをする時間帯によっては本審査を即日行えないことがあります。

 

その際には、仮審査を行い、その時点で通過できれば申し込み金額の一部をその場で融資し、残りの融資可能額は翌営業日で本審査を行ったあとに借入ができるようになるという場合もあります。

 

即日融資借入審査の手順として、まず仮審査があります。

 

ここで審査されることは、個人信用情報についてです。独立している第三機関で管理運営されている個人信用情報機関にある顧客信用データベースの情報を元に、申込者の借入状況や、過去の返済状況などを調べます。

 

調べる理由の一つに、消費者金融での借入に適用される総量規制が関係しています。融資総額が年収の3分の1以上を超えることは規制されているため、その範囲内であるかどうかを調べる必要があるのです。

 

なので、この顧客信用情報からは他社での借入状況がすぐにわかるため、もし他社で多額の融資を受けている場合には、仮審査の時点で総量規制によって通過できないことがあります。

 

申し込みをする前にご自身の借入状況について把握しておきましょう。

 

前述した仮審査の後に行われるのが、本審査です。ここでは、各金融機関の審査基準で審査をしていきます。

 

各担当者が在宅確認、在籍確認などいくつかの手順を追って審査をしますので、窓口がしまっているような時間帯の即日融資のお申し込みは、本審査が行えないのです。本審査が行えないと、希望の融資額を全額当日で借入するということもできないのです。

 

即日融資をご希望の方は、この申し込みの時間帯について事前に把握しておくことが重要ですね。

 

▼信用情報について 個人の信用情報とは、クレジットカードやキャッシングなどの契約状況、過去の借入や返済状況、取引状況などを集め、情報をまとめて管理をしている機関のことです。月々の返済状況だけではなく、遅延した場合の延滞情報、自己破産の有無など債務整理の情報も含みます。そして、このような情報を、信用情報機関加盟会員の金融機関に対し管理している情報の提供もしています。