プロミスの金利を下げることは可能なのか

プロミスの金利を下げることは可能なのか

 

プロミスの金利、下げることができるなら下げたいですよね。

 

消費者金融の金利は高いというイメージがあります。確かに銀行のカードローンに比べると低くはないです。

 

実はプロミスの金利は交渉次第で下げることが可能なのです。

 

本当にそんな事が可能なのでしょうか?また下げられるとしたらどれくらいまで下げる事が可能なのでしょうか?

 

プロミスの金利を下げることが出来るのかについて解説します。

 

・プロミスの金利は下げることが可能

プロミスのホームページには、実質年率4.5%〜17.8%という表記があります。

 

これは最もリーズナブルになる金利が4.5%ということですが、はじめて利用される方の場合はほとんどの場合「17.8%」となります。

 

利用していく中で、プロミス側が判断して、下げていくかどうかを決めていきます。

 

やはりできるだけ早く金利を低くしていきたいと思ってしまいます。

 

実は、金利を下げるように交渉し、相手が了承すれば下げて貰う事はできます。

 

・プロミスの金利を下げるには?

プロミスの金利を下げる流れは、
@コールセンターに電話する

 

Aプロミス側で再審査を行う

 

B再審査の結果、下がった金利を提示される
という風になります。

 

『金利を下げろなんてちょっと図々しいかな』と思わず、思い切って相談しましょう。

 

・プロミスの金利引き下げの為に必要な事

プロミスも慈善事業で商売をしているわけでは無いので、顧客から少し言われたからといって金利引き下げに簡単には応じません。

 

プロミス側が金利引き下げに応じるには、
◆延滞をしない人

 

◆ある程度利用期間があり、信用できる人

 

◆大きな限度額を与えることが出来る人
といった材料が必要です。

 

「延滞」つまり、返済の遅れは、お金を貸す側である消費者金融プロミスが最も評価を下げるところです。

 

返済が遅れてしまったら、それだけ金利を下げるという「評価特典」が先延ばしになったと捉えて良いでしょう。

 

つまり最もやってしまってはいけない事です。

 

ただ、返済の遅れが一度なら、その後の経過観察で「金利の引き下げ」や「増額」は可能になってくることもあります。

 

しかし、返済の遅れが繰り返し何度も行われたり、その際のプロミスからの連絡に対応しなかったりすると、金利引き下げどころか、契約解除もあり得ます。

 

そして次に利用期間についてですが、

 

特に利用期間は大切で、常に使い続けていて半年から1年程度長い付き合いが必要になります。

 

常日頃から利用状態を良く、信用に足る行動を心がけ、プロミスに安心できる優良な利用者と思わせるようにしましょう。

 

・まとめ

最初の契約時に決まった金利を下げる事は簡単ではありません。

 

しかし、プロミスの金利は下げることが可能です。

 

お金を借りて、一度も遅れる事無く返済して、信用状態を積み上げて、下げる交渉を行ってみてください。